関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

倉庫管理とは?|倉庫管理と在庫管理の違い


倉庫管理とは、倉庫に着目した管理の方法で倉庫業務全般を指します
倉庫内にある、商品や原料の在庫管理も行うため、倉庫管理の中には在庫業務も含まれています。

倉庫管理は、在庫管理を含む倉庫内の人の配置・資材の配置を考え
倉庫の効率化を図ります。

また、商品を管理する業務には、「倉庫管理」と「在庫管理」といった2種類の管理方法があります。
今回は、倉庫管理の基本や、倉庫管理と在庫管理の違いについてご紹介していきます。

とは

 

倉庫管理とは

管理

倉庫管理とは、倉庫業全般を指し、在庫の管理、倉庫内の設備や人員の管理を行います。
この倉庫管理を徹底して行うことで、誤出荷や出荷時間の遅延などの物流ミスを防ぎ、サービスの品質を保ちます

また、各倉庫にはの倉庫管理責任者の配属が義務付けられており、
労災火災やなどを防止し適切な環境作りをしていきます。

 

倉庫管理と在庫管理の違いとは

違い

倉庫管理と在庫管理の違いは、大きく分けると「管理対象」と「目的」の2つになります。

倉庫管理は、倉庫の中の管理に限定されていますが、在庫管理のみならず
倉庫内の設備の管理、人の配置も行うことで倉庫内全体の業務効率化をはかります。

一方で在庫管理は、倉庫内の必要商品や資材を、必要な量を必要な場所へ、必要なときに供給できるように各企業にあった水準で維持するための活動のことを指し、企業を支える土台ともいえます。

 

物流の倉庫管理方法とは

物流

物流の倉庫管理には、大きく分けると「入庫」「出庫」「在庫管理」があります。

【入庫】
入庫作業では、まずはじめに倉庫に届いた商品を荷卸し、入庫伝票の内容と一致しているかのチェックを行います。
その後、実際の荷物の中身に間違いがないか検品し、商品の保管場所ごとに仕分けを行います。

【出庫】
まずはじめに出荷した商品を倉庫の中から探し、取り出します。
商品を取り出した後、その商品が本当に出荷すべきものかどうか、検品作業を行います。

検品後、その商品を梱包していきます。各商品に合わせた形で梱包を行ったら、商品を梱包した箱に伝票を貼り付けます。
伝票と中身に相違がないか照合したのち、商品が消費者のもとへ出荷されます。

【在庫管理】
倉庫内にどのくらいの在庫があるのかを把握し、発注量や発注のタイミングを管理することです。
倉庫管理については、基本的に倉庫内における在庫情報の管理が主な業務となっています。

 

倉庫管理システムとは

システム

倉庫管理システムは、WMS(Warehouse Management System)とも呼ばれています。
倉庫内の動きをリアルタイムでの確認することができ、ピッキングや検品の効率化を実現することが可能です。

企業の悩みとして多くあるのが、基幹システムで商品の流通を管理できていても、
具体的に現場でどこの棚に何があるのかまでは管理しきれていないといった問題です。

倉庫管理システムを導入することで、一元管理が可能となるので
正しい在庫管理が行えるようになり、倉庫内全体の効率化にもつながります。

また、今まで人手に頼っていた部分をシステムを導入し自動で行えるようになることで、ミスや手間も大きく減少するでしょう

倉庫管理システムのメリット・デメリットについてもこちらの記事で紹介しています

まとめ

・倉庫管理とは、倉庫に着目した管理の方法で倉庫業務全般を指します。
・倉庫管理と在庫管理の違いは、大きく分けると「管理対象」と「目的」の2つ。
・物流の倉庫管理には、大きく分けると「入庫」「出庫」「在庫管理」がある。
・倉庫管理システムは、倉庫内の動きをリアルタイムでの確認することができ、
ピッキングや検品の効率化を実現することが可能。

近年では、倉庫管理システムを導入する企業が増えてきています。
自社にあった、システムを導入して倉庫の業務効率化をめざしましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録