関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

ドローン(無人航空機)とは?


ドローン(無人航空機)とは、構造的に人が搭乗することができないもので、
自動操縦や遠隔操作による飛行ができるものです。

ただし、機体本体重量とバッテリー重量の合計が200g未満のものは除きます。
物流業界においてもこのドローンは重要視され始め、様々な企業がこのドローンを使った実証実験を行っております。

特に物流業界でのドローンの用途は、「配送・宅配」ではないでしょうか?
運送での人手不足が深刻化する中、ドローンによる配送で企業の負担、労働者の負担を削減する取り組みが多く見られます。

今回はこのドローンについて、そもそもドローンとはなんなのか?
ドローンが与える企業や人に与える影響をお伝えしていきます。

ドローン(無人航空機)とは?

ドローンとは

ドローン(無人航空機)とは、構造的に人が搭乗することができないもので、 自動操縦や遠隔操作による飛行ができるものです。

ドローン(英語:Drone)は簡単にいうと、「空を飛ぶ、人が乗って操縦はしない機体」のことを指します。
皆さんがよく知る、ヘリコプターや飛行機は人が乗って操縦をするので「有人航空機」といいます。
ドローンはこの逆と考えると簡単かもしれません。

ドローンかそうでないかを判断するポイントは
人が乗っているか、乗っていないかです。

今ドローンが注目されている理由は、飛行機やヘリコプターに比べて安価であり、
更に高機能といった点です。
スマートフォンと共通する機能や部品が多いため、
安価・高機能で生産性が可能です。
大量に生産が出来るため、様々な場面での活用が見込まれています。

物流業界におけるドローンの重要性

物流業界におけるドローンの重要性

近年の物流業界でドローンが注目されるようになったのは、様々な課題が深刻化していることが原因としてあります。

①ネットショップの普及による物流量増加に比例して、
ドライバーの数が足りないなど【人手不足】の問題。

②貨物輸送に欠かせないトラックですが、
排気ガスや温室効果ガスによる【自然環境】の問題。

③運送業界内の競争激化による、全体的な【利益率低下】の問題。

このような、人手不足、環境問題、会社利益に関する課題を解決する糸口として注目されているのがドローンなのです。

ドローンのメリット

ドローンのメリットは、低コストや少ない時間で高クオリティの測量が可能になります。

ドローンのメリットとしてあげられるのは下記です。
・人が容易に立ち入れない場所、危険な場所でも測量が可能
・測量中の工事が不要
・人や飛行機などの航空機をよりも時間やコストを抑えることができる

このようにドローンでは、低コストや少ない時間で高クオリティの測量が可能になります。

国外でドローンなどのロボット開発が発達している中で、
国内でも急速に物流専用のドローン開発が進められています。
現在物流業界が課題としている、
配達時間や人件費削減の問題を解決する為に開発・利用を進められているのがドローン配送です。

また、小規模で短距離の輸送にドローン配送は適しています。

そのため、主にネット通販で注文された少量の荷物を運ぶのに活躍してくれます。
また、最短距離で目的地にたどり着ける【空輸】の性質を持つドローンは、
地方をはじめとした過疎地で有効性を発揮します。

ドローンデメリット

ドローンのデメリット

一方ドローンのデメリットとしてあげらるのは下記です。
・バッテリーでの飛行となるためフライト時間が制限される
・ドローンに使用されるバッテリーは、湿気に弱いため天候に左右されやすい
・人の手で遠隔操作するので精密な操作が困難
・木々などの障害物がる場合地面の測量が不可能

このように、ドローンには「フライト時間が制限される」「天候に左右されやすい」「操作が困難」などといったデメリットが考えられます。

ドローンを使用する際のポイント

ドローンを使用する際のポイント

間違ったドローン選びをしないために、ドローンの基本を抑えておきましょう。
ポイントは5つあります。

①どんな用途で使用するかを明確にする
どのような用途で使用するかによって、選ぶドローンも変わってきます。
用途によっては、機能面も重視しなくてはいけないので、まずは使用用途を明確にしましょう。

②重量をチェックする
200g以上のドローンを使用する場合は、場所や飛行させる方法によって事前に「飛行許可」が必要となります。
一方で、200g未満を使用する場合は航空法でドローンと定義されないので特に飛行の許可なども必要ありません。

③サイズをチェックする
大きいのものであれば、飛行時間がながくなるなどのメリットがありますが、
持ち運びが不便なのがデメリットとしてあります。
また、小さいものであれば、持ち運びが便利でバッテリーなどのパーツも安価ではありますが、風圧に弱く飛行時間が短いといったデメリットがあります。

④値段を見て選ぶ
値段が高ければ高いほど、高画質での高機能を持つようになります。
本格的な空撮などを求める場合は、値段が高いものを選べば今後使用していくうえで不満度は低いと言えます。

⑤カメラ性能で選ぶ
ドローンは、カメラのセンサーサイズが大きいほど、撮影した際の画像が綺麗です。
ですが、高性能を求める分価格は高くなります。
ドローンによては、性能が変わってくるので、必要なカメラ性能に応じて選択するようにしましょう。

まとめ

・ドローン(無人航空機)とは、構造的に人が搭乗することができないもので、
自動操縦や遠隔操作による飛行ができるもの

・近年の物流業界でドローンが注目されるようになったのは、
様々な課題が深刻化していることが原因

・ドローンでは、低コストや少ない時間で高クオリティの測量が可能

・「フライト時間が制限される」「天候に左右されやすい」「操作が困難」などといったデメリットがある

今回ご紹介したポイントも踏まえて、使用用途あったドローンを探してみて下さい。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録