物流センターの人件費削減へ! 重量棚や、梱包台に一工夫で物流移管も楽ちん!

物流アウトソーシング(3PL)の株式会社関通の
物流センターには200以上の物流現場があり、
その中に重量棚や梱包机がたくさんあります。

倉庫内や他拠点間で引越しレイアウト変更をすることも多いので
移管作業を楽に行えるよう、私たちはある道具を使用しています。

ヒントは丸いものです。さて何でしょう??

ogokaseru

 

それは「コマ(駒)」です。

株式会社関通で使用している重量棚や梱包机には
ほとんどのものに「コマ(駒)」がついています。

koma
更にコマつきの平台車も活用しています。

駒がついているだけで移動がらくらく、
引越しやレイアウト変更に限らず、
掃除も環境整備も、楽に実施することができます。

特に物流現場では、女性の従業員(パートさん)も多く勤務されていますから、
少しでも仕事が楽になる・簡略化できると従業員満足度に繋がります。

そうして物流センターの作業を効率化できるようにしていくのです。

▼このような物流改善の事例が学べる「学べる倉庫見学会」開催中!詳しくはコチラ。

以前、物流アウトソーシング(3PL)の株式会社関通では
Aの物流センターからBの物流センターへ
物流現場を社内で物流移管しました。
移動させた棚数は約400棚!
普通であれば3日間かかる作業です。
棚に置いてある商品を一度ダンボールケースに入れ直したりする作業も必要です。

しかし、駒がついていることで
重量棚をガラガラっと押して動かしトラックで運ぶだけで済み、物流移管は1日で完了できました。

必要人員も最小人数で終了、
物流センター移管にかかるコストも削減することに繋がりました。

コマがついているだけで人件費削減にも繋がるんですね。

みなさんの現場でも動かせたほうがいいのに
動かせないものがありませんか?
後からコマをつけることも可能です。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録