戻る

「箱」を使った納得の在庫差異抑止法!

物流アウトソーシング(3PL)関通の現場には
迷子ボックスという
箱があります。

 

高山さん

 

例えば、あやまって棚から落としてしまい
どこのロケーションに入っていたのか
分からない商品や
ピッキング時に過剰に
取りすぎてしまった商品を
入れるためのボックスです。

元にあった場所が分からない
商品を見つけたら
この箱に入れるルールです。

IMG_2772

迷子ボックスに入った商品を
戻すことができるのは
決まったスタッフだけです。

▼このような物流改善の事例が学べる「学べる倉庫見学会」開催中!詳しくはコチラ。

不明な商品に対して勝手な作業をすると
物流の一本道
入荷→入庫(棚へ格納すること)→保管→出庫(棚から取り出すこと)→出荷
から外れてしまいます。
その一本道の元に戻してあげることが大切なのです。

迷子ボックスにいれるルールを作ることで
新人スタッフが棚から落ちていた商品を
勝手な判断で
別のロケーションに入れてしまうことがなくなり、
そして在庫差異防止につながっているのです。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録