関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

こんなお困りありませんか?

Trouble

CASE01
集荷時間に間に合わない
CASE02
残業がなくならない
CASE03
生産性向上させたいけど改善方法がわからない
CASE04
システムを導入してみたけど改善されなかった

30年培ってきた物流ノウハウに現場分析と物流ロボットを掛け合わせ、みなさまの物流現場の生産性向上に貢献。

それが
WGP(Warehouse Goal Progect)
です。

株式会社関通の実績

Performance

なぜ、私たちがみなさまの現場の生産性向上に貢献できるのか...

  • ①年間約790万個の出荷実績

    株式会社関通が行う、様々な物流改善や生産性向上のためのシステム・マテハンなどの導入により、年間出荷個数、約790万個を実現しました。 これは、関通だけで実現できる数字ではなく、お客様とともに歩み続けた結果です。また、関通では物流品質のトップレベルを指し、株式会社関通全体においてもレベル4を実現しており、全現場レベル5へ向け様々な物流改善を進めています。

  • ②1,000社を越えるお客様との経験

    新たな拠点を開設、また、物流案件を導入することはもちろん、既存のお客様の成長対応を現場での目標として掲げ、出荷量、生産性、品質の物流KPIを向上すべく、様々な改善を行っています。自社の物流現場だけでなく、お客様先の物流現場の改善、システム導入なども専属チームを作り対応、豊富な経験値があります。システム、ITソリューションだけでなく、現場の工夫をもって数字を変えていく、「環境整備活動」を15年間継続し、理論がある物流改善をご提供できます。

  • ③5年間で約700社が訪れる物流会社

    関通では、日々行っているこれらの改善現場の現実現場が見られる学べる倉庫見学 会を開催しています。 学べる倉庫見学会は、「人の問題」「現場品質の問題」など物流現場によくあるお悩みごとの解決策・ノウハウを見て学べるセミナーです。 これまでご参加いただいた企業様からもご好評いただいており、 5年間で約700社、1500名様にご参加いただいています。

WGPで解決できること

Solution

  • 現場作業の生産性向上

    私たちは、これまで数多くの生産改善に成功してきた実績と30年培ってきた物流改善のノウハウがあります。お客様によっては、過去最高出荷件数を更新している物流現場もございます。様々な物流ロボットの導入も進めており、さらなる物流現場の生産性向上を進めております。

  • 業務の簡素化・効率化

    手間や時間のかかているデアナログ作業をシステムやロボットを駆使して、デジタル化することで、業務の簡素化・効率化を実現します。

  • 繁忙期対応の強化

    500坪以上の大きな物流現場では、繁忙期になると業務量が多くなり、人が足りない事で受注分を納期通りに出荷できないなどの課題でお悩みの企業様も多いかと思います。そのことによる、遅延や誤配送などのミス、また顧客の評価が下がるといった問題が起こりがちです。WGPでは、繁忙期での対応を改善・強化する提案もご用意しております。

お問合せから現場改善までの流れ

Schedule

WGPの特徴

Feature

  • IEを駆使した現場分析

    IEとは、インダストリアルエンジニアリングと呼ばれ、各作業工程での「実態」「改善」
    「標準化」の把握、「ロス」や「ムダ」等の事実を数値で把握・分析することを指します。
    WGPでは、御社の引当情報を元に情報分析を行うことで在庫のABC分析を行い、
    ワークサンプリングを作成いたします。作成したワークサンプリングを用いて、
    作業工程の見直しと現場改善をおこない、品質向上・生産性の向上に貢献いたします。

  • 安心できる導入支援

    システムやロボット導入の支援はもちろん、関通が30年培った物流ノウハウや、
    うまくいった仕組みを盛り込み、物流業務全般のコンサルティングをさせていただく
    支援サービスです。 WGPでは、ヒト・モノ・カネ・情報・ノウハウなど、経営資源の視点からサポートを させていただき、お客様さまと共に現場改善・最高の物流現場の構築をおこないます。

  • 物流ノウハウとシステムを駆使した現場改善

    株式会社関通は、関西と関東に13拠点以上の物流倉庫を構え、総敷地面積約42,900坪以上になる物流会社です。
    また、14,700坪を超える関西主管センターでは自律走行ロボット、自動梱包機、
    自動仕分けロボット、倉庫管理システムといった様々な物流ロボットが稼働しております。
    WGPでは、関通で上手くいったノウハウと物流システムを駆使したご提案もさせていただきます。

現場改善事例

Case

インナーウェアをお取扱いされている
企業様事例

月の出荷件数が約5倍に!

以前は80名の人員で残業を行いながら月の出荷件数が20,000件でした。
しかし、改善後は作業人員30名の残業なしで月の出荷件数110,000件となり、約5倍の出荷量となりました。

出荷件数:20,000件/月→110,000件/月

作業人員:80名→30

月の出荷件数が約5倍に!

出荷ミス発生率0.25%に!

以前は月に約20件もの出荷ミスが発生しておりましたが、物流ロボットを駆使し作業品質が向上したことで、月の出荷ミスが約5件にまで削減されました。

月の出荷件数が約5倍に!

WGPは
様々な物流ロボットを駆使して
物流現場の生産性向上を
実現いたします!

「関通公式メールマガジン」登録