物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

飲食店における在庫管理の重要性とは?


在庫管理は飲食店にとっても欠かせない日常業務の1つになります。

飲食業界では、在庫管理を円滑に行うかどうかがお店の利益に繋がると言っても過言ではありません。

特に賞味期限や消費期限が短い生鮮食品を扱う飲食店にとっては在庫管理が重要になってくるのではないでしょうか。

日々の在庫管理は大変な作業になりますが、ポイントを抑えて在庫管理を行うことができると、「在庫の無駄」をなくすことが可能です。

この記事では在庫管理の重要性、在庫管理の方法、在庫管理をうまく行うポイントについて紹介していきたいと思います。

 

在庫管理の重要性とは?

飲食店において在庫管理は、日々の業務で必要不可欠です。

在庫管理とは、お店の商品の量、人の流れを把握・予測して仕入れ量を確定させる大事な業務です。

適切な在庫管理を行うと仕入れコストが最小限にできるだけでなく、食品ロスを防ぐことにも繋がります。

また、食品の品質にも影響し、お客様にも安心して食品を提供することができます。

うまく在庫管理を行うことが重要になるのです。

 

在庫管理の方法

①在庫を把握

まずは在庫がどのような状況なのかを把握することが大切です。

商品がお店にどれくらいの量が保管されており、どれくらい仕入れる必要があるのか

また、商品の賞味期限・消費期限は迫っていないかなどの品質の部分も

把握する必要があります。

 

②適切な量を仕入れる

お客様の数を予測し、仕入れの目処を立てます。

食品を多く仕入れすぎると食品ロスに繋がり、無駄なお金が発生してしまいます。

また少なすぎてもせっかくのお客様の購入機会を逃してしまいます。

天気や祝日、イベントの有無なども考慮して適切な仕入れ量を判断しましょう。

 

③棚卸を行う

在庫管理の方法として「棚卸」があります。

棚卸とは、月や週毎にどの商品が何個あるのか在庫数を数える作業です。

棚卸を行うことによって、在庫の把握ができるだけではなく、

商品の品質も確認することができます。

また、棚卸の頻度が高いほうが、商品の状態を確認することができるので

在庫管理の品質向上に繋がります。

 

在庫管理をうまく行うポイント

①食品を分けて管理する

仕入れた食材を分けて保管する必要があります。

野菜についた土や、肉・魚から出る汁が他の食品を汚染させてしまう可能性があり、食品事故を防ぐことにも繋がります。

このようなことが起きないように食品は分けて保管しましょう。

 

②消費期限、賞味期限を把握する

食品には消費期限・賞味期限があり、特に生鮮食品にはシェルフライフとホールディングタイムの確認を行いましょう。

シェルフライフとは食品の消費期限のことで、期限が過ぎてしまうと商品の品質が悪くなり、最悪の場合人体影響してしまう可能性があります。

ホールディングタイムとは、賞味期限のことで期限が過ぎてしまうと風味が変化し、商品の価値が下がってしまいます。

シェルフライフとホールディングタイムを把握し、お客様が安心できる在庫管理を行うことが大切です。

 

③先入れ先出しを守る

先入れ先出しとは納品したものから順に出していくことで、納品した際に商品が取り出しやすいように保管することが大切です。

鮮度を保つために、飲食業界にとっては基本的な方法で、保管方法の工夫や整理をする必要があります。

新しく納品した商品は奥に入れ、先に納品した商品は手前に置き、古いものから取り出しやすい倉庫管理をしましょう。

 

④食品業界向け在庫管理システムを利用する

食品業界向け在庫管理システムとは、「賞味期限管理」やケース/バラというような入り数別管理が可能な「バラ管理」が特徴のシステムです。

在庫をシステムで管理することによって効率よく商品を整理することができます。

仕入れ時に賞味期限の情報も入力することで適切な出荷が可能です。

 

食品業界向け在庫管理システムについて
詳しくはこちら

https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/pro/foods/

 

まとめ

在庫管理はお店をうまく経営するために重要な業務です。

在庫管理を効率よく行うことで、

仕入れ値を低コストに抑えたり食品ロスを防ぐことが可能です。

在庫管理のポイントを抑えて

食品の品質だけでなく、お客様満足度の向上につなげていきましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録