物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

需要予測とは|需要予測の目的や課題、需要予測をするときの手段について徹底解説!


需要予測とは

需要予測とは、市場において自社の商品やサービスがどれくらい売れるかをさまざまな形で予測することです。

需要予測は会社の計画性を大きく左右し、過不足なく在庫確保することや過剰に在庫を抱える危険(リスク)やコストを抑えることなどができます。

企業には販売データなどが蓄積されるようになっており、
データをベースに需要予測が可能になっています。

今回は需要予測の目的、需要予測の課題、需要予測の手段について解説していきます。

 

需要予測の目的とは

需要予測の目的とは需要予測をすることで企業収益を最大化する目的があります。

あらかじめ売れる量を見越すことによって、
見込み生産や見込み調達の判断を大きく誤ってしまうというミスを避けることができるようになります。

つまり、正しく予測ができると販売の過程で機会損失や売上減少を防ぐことができます。

需要予測の課題とは

需要予測の課題とはここでは需要予測の課題について簡単にご説明します。
需要予測の課題は大きく3つあります。

①需要予測のレベルが低い

需要予測を考える際、需要調整側と営業側の2つの視点があります。

営業側は、ビジネスチャンスを逃さないために必要以上の在庫の確保や生産を行います。
需要予測というよりも営業の目標達成のための数値で考えているケースが多いため、需要予測の精度が悪くなります。

②需要予測業務の属人化が起こる

需要予測には高度なノウハウが必要であることが多いため、
属人化に陥ってしまうケースが多々あります。

ベテランの人が新人に丁寧に教える時間を確保するなどして
属人化への対策が必要になります。

③発注や調達を行う根拠を用意しなければならない

需要予測はあいまいな勘や経験で決めるのではなく、
需要予測担当者である専任が需要予測の根拠の資料として需要予測システムのレポートを使用していることがあります。

あいまいな数字で需要予測をしてしまうと
的確な生産計画を立てることが困難になり、流通にも影響を及ぼします。

需要予測には確固としたデータで証明することが必要です。

 

当社では、基幹システムから物流システムまでトータルでのサポートが可能です。

需要予測はもちろんのこと、
基幹業務、倉庫管理、在庫管理に課題をお持ちの企業様は
まずはお気軽にお問合せください。

詳細はこちら▼
https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/pro/avantstage/

 

需要予測の手段とは

需要予測の手段とは需要予測には様々なツールが使われています。

①Excel

標準機能の回帰直線を使用して予測を行います。
Excelであれば誰でも使用することができ、コストもかからないため、
すぐに開始できます。

②需要予測機能搭載の在庫管理システム

需要予測ができる機能が入った在庫管理システムを利用して行います。
最初導入コストがかかってしまいますが、
データ管理で需要予測がしやすくなるでしょう。

③IoTやAI

IoT(モノのインターネット)やAI(人口知能)を使用することによって、
高度な需要予測ができます。
これらの機械は需要予測に特化しているので、より効率的に予測が可能です。

このように需要予測の手法は様々あります。
これらの手法を状況に応じてうまく使い分け、
場面に応じた適切な需要予測をしていくことが必要です。

まとめ

需要予測は適切な生産量や調達量に繋がるため、
利益最大化を目指す企業には欠かせません。

精度の高い需要予測が経営において必須となってきています。

企業活動の根幹に関わる極めて重要な業務である需要予測のツールを
うまく活用することでビジネスチャンスとなり企業の利益拡大に繋がるのです。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

この記事を書いた著者について

物流研究室

物流研究室

物流研究室では、物流の基礎や改善のノウハウや情報などを物流改善ブログだけでなく、様々なコンテンツにて配信しております。
メールマガジンはもちろん、Youtubeでも当研究員が動画を配信しております!ぜひそちらもチェックしてみてください!!

公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」はコチラ

「関通公式メールマガジン」登録