物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

需給管理とは|需給管理の問題点や需給管理をうまく行うコツについて詳しく解説!


需給管理とは

需給管理とは、需要予測によって見通しを立てて調達量や生産量を調整し、
市場への新規参入だけでなく撤退に制限を設けることを言います。

需要予測が変動してしまった場合は、
予測の変化に応じた需給の調整を行う必要があります。
そのため供給者は常に変化する需給バランスに対応し、
的確な需要予測の計画を行い、
計画に沿った調達・販売に繋げることが求められます。

今回は需給管理における問題点、需給管理をうまくなるためのコツについて
ご紹介していきます。

需給管理における問題点

需給管理における問題点

需給管理者は需給調整をする上で様々な問題を抱えています。
今回は、需給管理における4つの問題点をご紹介していきます

①販売計画の機能性が悪い

販売計画は「見込み」なので精度が低くなってしまうという問題点があります。
そのため、需給管理がうまく機能しなくなってしまいます。

これによって在庫状況の悪化や在庫の過不足などに繋がる可能性があります。

②在庫の過剰・不足が発生する

需給管理における調整はあくまで「見込み」なので、正しいとは言い切れません。
そのため、在庫差異が発生してしまう可能性があります。

また、生産性を重視して決めてしまうと在庫リスクが高くなることも考えられます。

③すべての製品へ手が回らなくなる

在庫管理では人気商品などに注力して、優先的に調整することもあるため、
全ての製品に対して調整、管理となると手が回らなくなってしまいます。

④資料作成に負担がかかる

需給計画の精度を上げるためには、かなり膨大なデータが必要です。
そのため、会議などで必要となる資料が多くなり、
資料作成者の負担が大きくなってしまいます。

需給管理をうまくするためには

需給管理をうまくするためには

需給管理における問題点を解決するための対策についてご紹介します。

全製品の予測ができるような仕組み作りが重要です。
人手を増やすというよりも今の人数でも問題なく、
すべての製品の予測や調整ができるような仕組み・体制作りをしておくことが
大切です。

それに加えて、効率よく予測・調整を行うために、
ベテランの人は需給管理のスキルを共有しましょう。
もし共有がされていなければ、属人化にも繋がってしまいます。
そうならないためにも、新人の育成にも注力できるような仕組みから作っていくことが必要です。

まとめ

需給管理をうまく行うと、欠品や余剰在庫を減らすことができ、
収益の最大化に繋がります。

また、市場への新規参入や撤退を行いやすくなるメリットがあります。
需給管理の問題点を解決するためには「仕組みづくり」が重要です。

「仕組みづくり」に注力し、需給管理をうまく行いましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

この記事を書いた著者について

物流研究室

物流研究室

物流研究室では、物流の基礎や改善のノウハウや情報などを物流改善ブログだけでなく、様々なコンテンツにて配信しております。
メールマガジンはもちろん、Youtubeでも当研究員が動画を配信しております!ぜひそちらもチェックしてみてください!!

公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」はコチラ

「関通公式メールマガジン」登録