学べる倉庫見学会開催中!

配車システムとは|運輸・運送サービスでの作業の最適化


配車システムとは、GPSや地図ソフトを用いて、配車計画や運行計画を自動作成し、配送業務・輸送業務を効率化するシステムのことです。

配車システムによって、荷物の重量・容積と積地住所・卸地住所・到着時間などから、最小距離で適切で安全な輸送・配送コースを自動で作成してくれるため、車両削減積載率が向上し、輸送コストの削減ができ、管理者とドライバーの業務効率化が期待できます。

今回はそんな配車システムのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

地図

配車システムとは

配車システムとは
配車システムとは、配車計画や運行計画の作成、配送ルートの管理をGPSや地図ソフトを使用して効率的に管理・サポートするためのシステムです。

従来の配車業務では、伝票1つ1つ仕分けし、物流センターの配車状況をチェックしながら行わなくてはいけませんでしたが、配車システムによって最短ルートや必要な車両数、見積もりなどの把握を自動化することができます。

配車システムによる業務フロー:
荷物量データを取得→荷主の住所をマスタに登録→配送ルートを自動生成→リアルタイムでの担当ドライバーの動態・実績の把握→伝票の自動生成→輸送実績の承認

配車システムによる業務フロー

配車システムのメリット

メリット面倒な作業もシステムが管理してくれるので、省略することができます。

既存のシステムとの連携可能なものも多数あるため導入がスムーズです。

リアルタイムでの配車の管理が可能なので、急に変更が入っても柔軟に対応できます。
荷物の割り当ての自動化もできるものがあり、輸送業者は大幅に業務の削減ができます。

物流倉庫アウトソーシング「委託型配送センター代行サービス」>>

配車システムのデメリット

デメリット
管理や配送状況のモニタリングがリアルタイムで行われるので、監視されているような気がするという人もいるようですが、監視することにより仕事をしているかを確認ができるので、良し悪しです。

まとめ

配送
安全とスピーディーな配送は業者にとって重要なテーマです。
物流の現場はつねに人材が不足しているので、効率的な業務の運営が求められています。
限られた人材で最大限の成果を上げられるように現場の最適化を図り事業全体の最適化につなげましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録