物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

販売管理とは|販売管理の目的やメリット


販売管理とは

販売管理とはお金、製品、または営業活動に関わる情報を
管理することを指します
会社が利益を得るためには、商品やサービスの販売を行い、
売上を上げる必要があります。
そのため、販売管理は企業として重要な業務の一つといえるでしょう。

誰が・いつ・どこで・何を・誰に・いくつ・いくらで
販売、請求や代金の回収などが済んでいるのかを管理します。

この記事では、販売管理の必要性や目的、メリットについてご紹介していきます。

販売管理の目的

販売管理の目的

販売管理の目的は主に3つあります。

1、損益の把握と利益向上のため
2、業務を適切に管理しています
3、顧客と良好な関係を建築するため

販売活動に必要な書類や商品、資金の流れを管理することで、
利益向上が図りやすくなります

販売活動には多くの部署と人が関わるので、管理が難しくなります。
しかし、販売管理を適切に行うことで、必要な情報が整理され、
ミスを防止することができます

適切な販売管理により、お客様に提出すべき書類の一元管理ができ、
提出漏れなどを防止することができます。
また、納品や支払いの期限を守るのは法律に従うだけではなく、
顧客や仕入れ先との信頼関係にも関わります

販売管理のメリット

販売管理のメリット

販売管理を行うメリットは主に2つあります。

1、収支の状況が可視化される
2、業務の品質が向上し効率化される

いつ、いくら売れたか、代金の回収が完了しているかどうかの情報を
即時把握するため、販売管理が行われます。
可視化することで、利益を把握することができます。
また、顧客ごとに売上実績を分析し、販売改善に取り組むこともできます。

工程管理と連携することで、納品時期や受注時期を確認ができ、
不要な在庫をなくし、コストを抑えることができます。
また、各情報を一元管理できる環境を整えることができれば、
部署ごとに情報共有ができて、業務重複をなくすことで、
品質向上することができます。

販売管理のフロー

販売管理のフロー

販売管理のフローはBtoBとBtoCによって、多少違いがあります。
基本は以下の5つの管理になります。

1、受注管理 
  顧客から受注までを管理しています。

2、出荷管理
  受注情報に従って商品を出荷し、顧客に届くまで管理しています。

3、請求管理
  顧客に請求書を発行し、入金されているかを確認することを管理しています。

4、仕入管理
  商品の製造やサービスに必要な資材に関することを管理しています。

5、在庫管理
  出荷情報や製造情報により、商品の在庫を管理しています。

販売管理のシステム化

販売管理のシステム化

販売業務では、書類が複雑で管理がかなり難しいです。
また、アナログで管理する場合、販売計画も立てにくくなります。
これら2つの問題は、販売管理システムの導入により、
解決することができます
販売管理システムには主に2つの機能があります。

1、正確な情報管理
2、業務の効率化

複雑な書類や管理が難い顧客情報は、システムに登録し、
必要な時を簡単に検索して、抽出することができます。
また、データの一元管理機能により、部署間の情報を把握ができ、
生産予測や納期予測をすることが可能になります。
販売管理システムを選ぶ際には
一元管理できるシステムを選んだほうが良いといえるでしょう。

まとめ

企業が商品やサービスを販売する上で、
販売管理は自社、顧客、仕入れ先との間で行われ
金銭と物の行き先を把握するため、重要な存在になります。

誰が・いつ・どこで・何を・誰に・いくつ・いくらで
販売、請求や代金の回収などが済んでいるのかを管理することで、
利益を把握することができます。
また、工程管理と連携することで、コストを抑えることができます。
各情報を一元管理することで、品質を向上することができます。

適切な販売管理のため、システムやツールも上手に活用していきましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

この記事を書いた著者について

物流研究室

物流研究室

物流研究室では、物流の基礎や改善のノウハウや情報などを物流改善ブログだけでなく、様々なコンテンツにて配信しております。
メールマガジンはもちろん、Youtubeでも当研究員が動画を配信しております!ぜひそちらもチェックしてみてください!!

公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」はコチラ

「関通公式メールマガジン」登録