在庫管理システムで物流業務を効率的に。物流センターの派遣スタッフ教育でお悩みのEC・通販会社・メーカー様へ。

物流センターの常駐スタッフではなく
不定期で現場で業務をする派遣スタッフ・アルバイト・パートの方の
教育にお悩みでありませんか?

物流作業を教えてることに時間がかかる
派遣スタッフの方が覚えるのに時間がかかる
さらに、物流作業にも時間がかかる。

そのようなお悩みを解決するには
【業務を簡単にしてあげること】
が重要です。

仕事を簡単にすることは
物流倉庫の管理者、物流会社・物流担当の上司の大切な仕事です。

例えば、業務改善システムを導入したり
不要な作業工程を減らし
物流業務の見直しを行うのです。

配送代行・物流アウトソーシングを行っている株式会社関通は
物流センターで開発した
「トーマス」というWMS(在庫管理システム)を
使っています。

6P0C0942
ハンディターミナル(HT)で商品についている
JANコードやバーコードを読みとり
出荷する商品の正誤検証を行う仕組みです。
操作が非常に簡単で
新人スタッフでも15分のレクチャーで
倉庫業務のベテランの85%の業務スピードでピッキング作業や入庫作業が
できるほどの在庫管理の仕組みです。

6P0C7668

在庫管理システムトーマスは様々な商品に対応可能です。
アパレル(服、バッグ、靴、帽子、下着)
食品(常温、冷凍、冷蔵)
化粧品、サプリメント、薬品、雑貨、日用品などの品種が異なっても同じように使えます。

重量物、軽量物、大きな商品、小さな商品、
形状が異なっていても操作は同じ。

物流アウトソーシング(3PL)の関通にある200以上の物流現場で
同じやり方の入庫作業・保管・ピッキング(出庫業務)ができる、という仕組みなのです。

さらにはいつ誰が、行ったかという
作業履歴を取得こともできますので
万が一物流事故(誤出荷、テレコ出荷や在庫差異など)が発生した場合も
どのスタッフがどのように失敗してしまったのか
なぜ誤出荷が発生したのか、後から検証することも可能です。

物流改善の第一歩は、倉庫業務を効率化する事です。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録