残荷事故をゼロへ!物流センターの残荷防止の仕組みとは?

物流アウトソーシング(3PL)の
株式会社関通の物流センターでは
業務終了後に必ず実施するルールがあります。

6P0C7280

その各センター、各現場で必ず実施するルールとは
「残荷チェック」です。

残荷とは
当日に出荷(発送)しなければならないの荷物が
輸送業者の集荷後、現場、倉庫内に
残っている状態のことを指します。

残荷が起きると
正しい日時に顧客へ商品・荷物を配送することができません。
配送センター代行サービスをご提供している関通では
残荷とは絶対にあってはならないことです。

多くの物流センターを持つ関通ですが
全センターで残荷チェックを
「声出し指差し」で確認し行います。

作業者が決められた場所を指差し、
「不明な物なし!」と大きな声で発します。

20130610_590436-225x300

皆様、電車に乗るときを思い出してください。
駅のホームには
ホームに電車が入ってくるときに
駅員さんが安全であるかどうか
指差し確認を行っていますよね。

その確認と同じなのです。

また、残荷チェックには
マニュアルもあります。

物流現場の誰が残荷チェックを行って
共通の認識で全員が同じ通り
同じ品質の残荷チェックができます。

誰が、どこのエリアをチェックするのか
ということは計画表に基づき
行われています。

そのエリアに荷物が残っていないことを確認できたら
その計画表にサインをするのが
残荷チェックのルールです。

狭いエリアで分け
誰がどこのエリアのチェックを行うのか
明確に決め、作業者1人に場所をはりつけることで
作業者ひとりひとりの責任感が生まれます。

このような現場のルールも
物流アウトソーシング(3PL)の関通で行っている
重要な勉強会「事故報告アセスメント」で決まり
進められ、全社に展開されている取り組みなのです。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録