残業して遅くまで働いている社員が優秀? いえ、株式会社関通はまったくの逆です!

今日もお仕事ご苦労さまです。
今日は何時に帰れそうでしょうか?

物流アウトソーシング(3PL)の関通の配送センターでは、19時半にはすべてのセンターの施錠がされます。
業務終了ではなく「施錠」です。
とカッコいいことを書きましたが、株式会社関通でも数年前までは21時、22時が当たり前でした。
それが今ではまったく残業がありません。

IMG_2736

何故これが実現できたのでしょうか。

上司が部下のやらなくてもいい仕事を取り除いてあげることなど、
たくさんのポイントはありますが、
ここでは、みなさんの会社ですぐに実践できる簡単な方法をご紹介します。

それは、「施錠の時間を毎日全員に対し自己申告してもらい、実際に施錠した時間をチェックしてあげる」ことなんです。

後はそれが守られたかをチェックする機能があれば、残業は本当に減ります。

▼このような物流改善の事例が学べる「学べる倉庫見学会」開催中!詳しくはコチラ

やらなくてもいい仕事をして遅くまで働く社員より、
方針通りに仕事を終わらせて帰る社員が
物流アウトソーシング(3PL)の関通では評価されます。

簡単ですが、効果は絶大。
まずは、だまされたと思って一度試してみてください。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録