失敗も未来につなげます。関通式 方針違反の対策


おかげさまで
物流アウトソーシング(3PL)の関通にはたくさんのお客様や
学生さんが会社見学会に足を運ばれます。

その際、みなさんが特に驚かれる表示物が
2階廊下にあります。

なんとそれは
従業員(社員・パート)自らが、手書きで書いた
始末書!

物流アウトソーシング(3PL)の関通には徹底された規則・ルールがあります。

DSC_0230 (2)
そちらは経営計画書という教科書に書かれてあるのですが、
規則を破った従業員はこのように
始末書や反省文などを書かなければなりません。
基本的に計画書や社長の方針通り行動ができていれば
始末書など書くことはまずありません。
簡単ですよね。

ちなみに、始末書は2枚になると賞与半額!
厳しいですね・・・。
しかし、その2枚も6ヶ月という期間内のみ。繰越はありません。
だから、最近不調の従業員も6ヶ月だって始末書の枚数もリセットされ
また頑張ります。

この廊下の掲示も反省の印。
堂々と始末書を張り出すことで
「また頑張ります!」という意識付けをさせるための
前向きな掲示なんですね。

ですので会社案内では私達は笑ってこの始末書を紹介しています。
(自分の分や仲間の分があったときも・・・笑)

始末書は手書きで3000文字書きます。
正直、手も痛くなりますしきついです。
でもこのように嫌な体験をすることで
「二度と同じことは起こしません!」と
意識づけになります。

嫌な体験も、頑張れる未来に繋がる
そのような意味を込めた掲示なのです。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録