在庫管理は経営の重要課題!在庫管理システム(トーマス/トーマスJr)導入で物流を戦略的武器へと変える

世間には、たくさんの在庫管理システムがあります。
その価格は月額数万円から、数千万円にもおよぶ、
在庫管理システムまで様々です。

ただ在庫管理システムを入れる事を目的とするのであれば、
価格の安いものを入れるという選択肢もあれば、
好きにカスタマイズをして、
思い通りの在庫管理を実現されたいという事であれば
数千万の在庫管理システムを導入すれば良いと思います。

しかし、それでほんとうに経営においての物流課題は解決されますでしょうか

結局システムを入れても使えない、
在庫管理システムを使いこなすのは難しい、というお声をよくいただきます。
たしかにお客様のおっしゃるとおりです。
ただ、在庫管理システムを入れれば物流課題が解決されるわけではありません。

在庫差異の問題を解決させ、欠品をなくし、
お客様からご注文が入ったら、必要な商品を必要なだけピッキング、
出荷し、必要な商品を必要なだけ発注し、在庫の最適化を進めていく。

「システムを利用してどのような成果を出すか?」
物流アウトソーシング(3PL)の関通の在庫管理システムは成果を出すことを目的に自社開発を進めた在庫管理システムです。
そこには物流アウトソーシング(3PL)の関通が培ってきたノウハウがたくさん詰まっています。

物流会社が物流を改善させるために本気になって開発した在庫管理システム。
ぜひ皆さまの物流倉庫でその成果を実感してください。

6P0C1777


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録