品質UPの鍵は「ルール設定」にあった|物流倉庫業務改善ブログ|物流倉庫アウトソーシングの関通(旧関西商業流通)
学べる倉庫見学会開催中!
物流倉庫業務改善ブログ

品質UPの鍵は「ルール設定」にあった

物流アウトソーシング(3PL)の関通の現場にいくと

ありとあらゆる箇所に

「取ってから鳴く」という表示があります。
20150604053754

これは物流アウトソーシング(3PL)の関通のピッキング時の最重要ルールです。

ピッキング時は商品のバーコードを、

ハンディーターミナル(バーコードをスキャンする機械)で読み取り

商品を特定します。

この時に、商品を手に取らずに

棚やラックに置いたままスキャンしてしまうと

間違えた商品をピッキングすることに繋がります。

▼このような物流改善の事例が学べる「学べる倉庫見学会」開催中!詳しくはコチラ

IMG_2048

ですので現場では「取ってから鳴く」を繰り返し教えてます。

新人には、実際にやらせてみせて

「取ってから鳴く」ができているか、上司がチェックしてから1人で作業をさせています。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録