物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

原価管理とは|原価管理の目的や必要な手順


原価管理

原価管理は、企業の利益にとって、重要な業務です。
製品を生産する時にかかる「固定費」と「変動費」を分類して、
原価の設定や実績との比較、問題点を分析して、
対策を立てて利益を改善することを指します

固定費と変動費で分類すると、損益の分析、
各製品の割合、利益目標や予算などを知ることができます。

また、原価管理はコストマネジメントとも呼ばれています
原価管理によって、業務改善や利益向上を行うことができます

今回は原価管理を行う目的、必要な手順、
原価管理のシステム化について、
説明していきます。

原価管理とは

原価管理とは

原価管理とは、製品を生産するためにかかる原価を
固定費・変動費の2つに分類して、原価の設定、
実績との比較や分析、改善対策を作成することで改善を行います。

また、原価を固定費と変動費に分類すると、
下記のような3つのことができます。

1、損益分岐点の分析ができます。
2、各製品の採算性が分かります。
3、原価予算から利益目標や予算を立てることができます。

原価管理の目的

原価管理の目的

原価管理を行う目的は大きく分けて、二つあります。

1、利益確保
2、リスク管理

原価管理を行う最大の目的は利益を確保することです。
原価は原材費だけではなく、生産やサービス提供に関わる費用も
原価の一部になっております。原価が商品価格に対して高ければ、
利益の割合は小さくなります。
そのため、利益確保できる価格を設定しなければなりません。
販売価格が変わらなくても、市場変化や環境により、
原価は変わります。
販売価格と仕入れ価格のバランスをうまく取らないと、
損失が発生します。

そのため、原価変動を予測し、利益損失を最小限に抑えるために、
原価管理が必要になります。

原価管理に必要な手順

原価管理に必要な手順

原価管理には以下4つの手順が必要になります。

1、標準原価の設定
過去の商品やサービスを作る際にかかる原価を最近のデータや市場調査により、
原価を予測し、設定します。

2、原価計算
生産開始後、実際にかかった原価を計算します。
3、原価分析
実際の原価と標準原価を比べて、どのぐらいの差があるのを分析します。
4、改善活動
分析後、問題点を見つけ改善活動を行います。

標準原価の設定により、無駄を確認ができ、改善につなげやすくなります。
原価計算により、具体的にかかった費用を知ることができ、
原価分析に繋がります。
原価分析により、改善活動を行い、利益を最大化します。

原価管理のシステム化

原価管理のシステム化

原価管理システムには5つのメリットがあります。

1、原価計算
工程別で計算を自動化し、各ステップの変化を見える化することが可能です。

2、原価差異分析
原価計算自動化より、各原価の差異を分析することができます。

3、損益分析
原価差異分析以外にも、損益分析することもできます。

4、シミュレーション
原材料費や仕入れ先により、事前原価計算シミュレーションすることができます。

5、システム連携
WMSや基幹システムに連携することができ、業務統一化することができます。

関連システムと連携により、管理が一元化し、
より管理しやすくすることができます。

まとめ

今回、原価管理について説明させていただきました。
原価管理は、企業の利益にとって、重要な業務です。
原価管理により、損失を最小限にします。
また、原価分析により、
損益を改善することができます。

原価管理によって、業務改善や利益向上を行いましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

この記事を書いた著者について

物流研究室

物流研究室

物流研究室では、物流の基礎や改善のノウハウや情報などを物流改善ブログだけでなく、様々なコンテンツにて配信しております。
メールマガジンはもちろん、Youtubeでも当研究員が動画を配信しております!ぜひそちらもチェックしてみてください!!

公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」はコチラ

「関通公式メールマガジン」登録