物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

医療現場における在庫管理の重要性とは


タイトル用

医療の現場における在庫管理とは、医療において使用する機器類や消耗品の管理のことを指します。
何をいつ、どこで何個使ったのかといった数量のチェックであったり、医薬品などの消費期限は正しく守られているかのチェックは正しく行えているかなど、とてつもない量の棚卸しの管理を常に行わなくてはならないので、とても手間と時間を必要とする大変な作業となります。
ここでは病院などの医療現場における在庫管理について説明していきます。

医療現場の在庫管理とは

医療現場の在庫管理

医療現場では病院内で使用される様々な物品の在庫管理を行う必要があります。
診療に必要な医療機器や消耗品、事務用品なども含まれます

基本は医療機器や医療材料をどのくらい使ったかの確認です。
どのように利用されたか目的、状況を細かく把握することが求められるのです。
そうすることで病院の経営や患者様の満足度をあげることができる重要な業務となっています。
また、適切な量の在庫がすぐに利用な状態で確保できているのか
物品や機器がどこに格納されているのかもきちんと把握できている必要があります。

機器類が正常に稼働するのか、薬剤などの消費期限は守られているのかといったことが常にメンテナンスされていることも重要です。
物品の購入履歴についても点数や内容が合っているかの管理も行う必要があります。

医薬品などの消耗品は十分な量をストックする必要がある反面、発注が過剰になると病院経営や品質劣化を招きます。そのために適切な在庫量の確認が大事なのです。

医療現場の在庫管理の効率化とは?

在庫管理 の効率化

医療現場での在庫管理を効率化するためには、在庫管理システムを導入することで、
物品の保管場所や利用状況を効率よく管理することが可能となります。

その方法は、バーコードなどで物品を管理することです。
バーコードをスキャナーで読み込むことで、必要な時に、必要なものを即座に見つけることができます。
そのため、物品を探すのに時間がかかるといった事が起こりません。
また、いつ、何を何個使ったかということもすぐに確認でき、棚卸し業務も容易になるため、物品の発注にも無駄が生じません。

また、物品管理を行うためのルールづくりを行うことも大事です。
管理がバラバラだと物品管理が曖昧になり、ミスにつながります。
医療現場では特にメンテナンスや在庫管理をシビアに行わないといけないため、
病院の方針や状況によってルール決めをしていきましょう。

○管理ルールは、病院内のスタッフや現場全員が把握していること
○物品を持ち出す際は、必ず物品管理表に日付と名前を記入する
○物品の持ち出しを許可する人を決めておく

当社では、医療現場の在庫管理を効率化するWMS「クラウドトーマスPro forメディカル」のご提案が可能です。
▶︎クラウドトーマスPro forメディカルの詳細はこちら

医療現場の在庫管理の注意点

在庫管理の注意点

医療現場での在庫管理の最も注意するべき点はセキュリティに関することです。
病院にはスタッフや患者といった不特定多数の人の出入りがあるので、
様々な薬剤が格納されている場所では厳重に管理する必要があります。

また、患者の個人情報も保管されているため、それらがスタッフに気づかれずに
持ち出されると大変なことになりますので厳重に保管するようにしましょう。

まとめ

医療の現場での在庫管理は購入数、消費した数量、在庫数を正確に把握する必要があります。
スタッフ全員で一定のルールに従い基準に沿った行動を行うことが大切です。
安全で効率よくミスのない現場を作っていくために、上手にシステムを活用し、
自動化を図っていきましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録