関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

アパレル業界における物流倉庫とは?


アパレル業界における物流倉庫とは?
アパレルに特化した物流倉庫があるほど、アパレルショップの運用には物流が重要になっています。
なぜならアパレルと言っても扱う商品の種類がたくさんあり、店舗が大きくなればなるほど膨大になるため、物流倉庫がなければ保管や配送を行うだけでも大変になるからです。
さらに、保管や配送にミスが起こると商品が足りないといった事態にも陥ります。

そのため、アパレルショップを円滑に運用し、お客様満足度を向上させるには品質の高い物流が欠かせません。
今回はそんなアパレルにおける物流倉庫についてご紹介致します。

アパレル業界と物流の関係

アパレル業界と物流の関係
一概にアパレル商品と言ってもトップス、アウター、スカート、帽子、ネクタイなど様々な種類があり、取り扱う商品も豊富になります。
また、季節やトレンドなど、お客様の関心のある商品(よく売れる商品)も細かく変化していくため、対応していかなくてはなりません。

この様に多様なニーズに応えるためには、大量の商品をストックでき、オーダーがあればすぐに商品を消費者までお届け出来る物流は欠かせません。

アパレルショップに季節やトレンドに合わせた商品が並び、ネットで気軽に商品を買い、期日通りに届くのは物流倉庫がアパレルショップの商品をストックし、必要な時に必要なモノを必要な量、配送しているからです。
この様に物流はアパレル業界において重要な役割を担っています。

アパレル倉庫とは

アパレル倉庫とは?
アパレル商品は商品によって、畳めないもの、日焼け、色落ちがしやすいものもあるため、検品や保管方法にも十分注意する必要があります。

また、アパレル物流倉庫でよくある依頼として検針作業があります。
検針作業は検品の1種で商品に針が混在していないか確認する作業になります。
アパレル倉庫ではこういった物流加工も重要になってくるため、物流加工用の部署がある倉庫もあります。

その他にもアパレル商品には豊富な種類だけでなく、色やサイズといった違いもあるため、在庫管理の際に、色やサイズの違いも踏まえた上で行う必要があります。

この様に商品に合わせた保管や物流加工を行えるところがアパレル倉庫の特徴になります。

アパレル倉庫とEC物流倉庫の違い

アパレル倉庫とEC物流倉庫の違い
EC、通販事業の拡大に伴い、アパレル業界でもネットショップを立ち上げるというようなEC、通販事業への進出が増えています。
では、アパレル倉庫とEC物流倉庫どちらの方が良いのでしょうか?
アパレル倉庫とEC物流倉庫の違いについてご紹介致します。

アパレル倉庫とEC物流倉庫の大きな違いはアパレル倉庫は検品・物流加工などに強くEC物流倉庫はミス無くスピーディーに出荷できる出荷能力が高いというところが挙げられます。

まとめ

今回はアパレル倉庫についてご紹介させて頂きました。
ポイントは以下になります。
アパレル業界において物流は重要な役割を担っています
・アパレル商品は種類が豊富で商品に合わせた保管方法が必要です
・アパレル倉庫は検品や物流加工に強いです

アパレル倉庫を探す際は検品や保管方法にも気を配りつつ、しっかり納期通りに配送出来る仕組みがあるか確認して、自社が扱う商材にあった倉庫を選びましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録