学べる倉庫見学会開催中!
物流倉庫業務改善ブログ

在庫管理システムのメリットと正しい選び方

今、多くの企業で使用されるようになった「在庫管理システム」ですが、
なぜ、在庫管理システムが多くの企業に選ばれるのでしょうか。

在庫管理はアナログよりも、システムを使うほうが圧倒的に効率がよくなりますし、
作業スピードもあがります。
システムを使うことでメリットは沢山うまれますが、
選び方を間違えてしまうと「ただコストが掛かるだけ…」なんてことも!

そうならないために、在庫管理システムの正しい選び方や重要性についてご紹介します。
在庫管理

在庫管理システムとは

在庫チェックまずは、在庫管理システムとは何かおさらいしておきましょう!

在庫管理システムとは、在庫情報はもちろん、入庫や出庫情報などを把握することができるシステムのことです。

在庫はただ持っているだいるだけでは、コストが発生してしまうだけになってしまいます。
ですが、在庫がいくつ入ってきていくつ出ていったのか、また何個不足していて、何個必要なのかを把握しておけば、正しい在庫管理は可能です。

この、入出庫情報や、在庫の正しい数量を把握できていないと、依頼があった数量の商品(在庫)を用意することが出来ず、お客様からの信頼を失う他、会社の倒産危機!なんてことにもなりかねません。

会社の信頼を失わないためにも、在庫管理システムで正しい在庫管理を行っていきましょう。

在庫管理システムの重要性

システム在庫管理システムを導入する大きな目的は、無駄な製造や仕入れなどをなくして、正しい在庫数や品質を保つことです。

やはり、人だけで在庫を管理するのは限界があります。
また、人の手で何百・何千もの在庫情報を手で入力し確認するのは手間と時間も必要とされます。

システムを使って、在庫の動きや数の情報をデータしていれば、常に正しい在庫の数を確認できるのに加えて、売上実績なども一目みてわかるようになります。

物流現場の品質や生産性を上げるためにも、在庫管理システムはとても重要よいえるのです。

在庫管理システムの正しい選び方

考える近年では、様々な在庫管理システムが開発され、販売されています。

また、有料のみならず無料のソフトも存在します。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、正しい選び方をしないと、
「ただコストが掛かるだけ…」なんてことになってしまいます。
そうならないために、選び方のポイントを何点かご紹介します。

①システムの導入目的を明確にしておく

なんとなくで導入してしまうと、間違った選択をしてしまったり、本当の課題や原因を追究することができなくなる恐れがあります。
目的を明確にしてから導入することで、課題を解決する為の施策も出てきますし、正しいシステム選びをすることができるようになります。

②自社にあったシステムを選ぶ

在庫管理の仕方は、業種業態によって様々です。
もちろん在庫管理のポイントも変わってくるので、自社にあったシステムを選ぶことはとても重要となります。

③カスタマイズ性を重視する

会社は日々成長していくので、この会社の成長に合わせて在庫管理システムでできることも進化させていく必要がでてきます。
こういった場合、元ある機能にカスタマイズしたい…なんてケースもでてくるでしょう。

ここで気を付けたいのが、パッケージ型の在庫管理システムだと新しいおきたい機能を追加したり変更したりすることができません。
そうなると、新たに在庫管理システムを探さないといけない…なんてことになってしまいます。
こういった事態を防ぐためにある程度カスタマイズができるシステムを選んでおくことが必要となるでしょう。

④クラウド型の在庫管理システムを選ぶ

アプリ版の在庫管理システム以外にも、クラウド型のシステムがどんどん普及してきています。
クラウド型の在庫管理システムは、サーバーやPC上に専用ソフトをダウンロードする必要がなく、インターネットを通して在庫管理システムを利用することができます。
特徴としては、利用する場所やデバイスを選ぶことがなく、インターネット環境さえあればどこでも利用することができます。

在庫管理システムのメリットとデメリット

メリット・デメリット
ここでは、在庫管理システムを利用することによるメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット①:作業効率を上げることができる
在庫管理をアナログ(Excelなど)で行っていると、在庫状況を紙に書いた後に、
次にPCに入力するといった手間が発生します。
システムを使えば、ハンディーターミナルで商品のバーコードを読み込むだけで、
簡単に情報が登録されるので、作業効率が格段にアップします。

メリット②:余剰在庫が少なくなる
在庫管理システムを使えば、リアルタイムで販売や仕入れ実績を把握することができるので、
この情報をもとに注文予測が立てられるようになるので、無駄な仕入れがなくなり余剰在庫が少なくなります。

メリット③:ミスを防止できる
在庫情報を人の手で記録すると、書き写しミスやカウントミスが発生してしまいます。
システムを使うことで、正しい情報を読み取り記録してくれるので人の手によって発生したミスを防ぐことができます。

ここまで、メリットをご紹介してきましが、デメリットもご紹介しておきます。

デメリット①:ITコストの発生
システムによっては、導入後にメーカーのサポート費用が発生する場合があります。

デメリット②:システムに慣れるまで時間が掛かる
新しいシステムを導入すると、使いこなすまでに時間が掛かってしまいます。

まとめ

在庫管理システムは、導入することで作業の効率が上がる他に、
販売の計画を立てることができます。
在庫管理や作業効率にお悩みの方は、ぜひ一度在庫管理システムを検討してみてはいかがでしょうか。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録