ロジスティクスとは|物流倉庫業務改善ブログ|物流倉庫アウトソーシングの関通(旧関西商業流通)
学べる倉庫見学会開催中!
物流倉庫業務改善ブログ

ロジスティクスとは

ロジスティクスの意味をご存知でしょうか?
ロジスティクスは、物の流れを顧客のニーズに合わせて効率的な形で
計画・実行・
管理することです。

また、よく同じような意味合いで使われる「物流」という言葉は、
6つの機能(輸送や保管、包装、システム、流通加工、荷役)
を含む「ものの流れ」を意味しています。

今回は、そもそも「ロジスティクス」の意味合いや、「物流」との違い、
そのメリットや目的、今後のロジスティクスの変化についてご紹介させて頂きます。
ロジスティクスについてのご紹介

ロジスティクスとは

ロジスティクスとは
ロジスティクス(logistics)とは、
もともとは軍隊での用語として使わている言葉でしたが、
現在では、物流の輸送・保管・包装・システム・流通加工・荷役を高度化し、
調達や生産、回収や販売などの分野を統合して、
需要と供給の適正化を図ることを意味します。

それ以外にも、社会的課題(環境保全、安全対策など)への対応を目指す戦略的な
経営管理の意味もあります。

ロジスティクスと物流の違い

ロジスティクスと物流の違い
ロジスティクスと物流の違いについて、まずは物流の意味を説明します。

物流とは、
英語にするとPhysical Distribution(フィジカルディストリビューション)となり、
直訳すると、物的流通を省略した言葉になります。
その意味は、文字通り物の流れです。
物を供給から需要へ移していく過程の活動のことを指します。
一般的に、6つの機能(輸送や保管、包装、システム、流通加工、荷役)を総合管理する活動という意味合いで使われます。

つまりロジスティクスと物流の違いは、
物流は「活動」、ロジスティクスは「経営管理」「物流全体の最適化・適正化」と分けることができます。
つまり、ロジスティクスは物流を含んだトータルの管理と最適化となります。

今、物流業界を取り巻く大きな課題

物流業界を取り巻く大きな問題

昨今、物流を取り巻くコストは上がっています。

人件費、倉庫家賃、輸送費・・・
全てにおいて上昇をたどる一途です。

そのような、今の物流環境に必要なのは、
「無駄」をいかに排除し、「シンプルさ」をいかに追求できるか
を模索し、実現していくことでないでしょうか。

物流企業や物流部門には、
ロジスティクス・システム全体または一部に関する
PDCA(企画・実行・検証・改善)を提供すること

が必要になってきていると思われます。

そのためには、最新の物流ノウハウを勉強し、日々の改善を発案・継続し、
1日1つ以上の改善を行っていける忍耐力や、企業方針・文化の浸透力と実行力が必要です。

ロジスティクスのメリット

ロジスティクスのメリット
では、ロジスティクスのメリットはどういったものでしょうか?
ロジスティクスを取り入れることで、
様々な部分での最適化や、経営的視点でもコストの削減や、
利益を増やすことも可能です。

①生産のムダを回避する

在庫の適正化により、必要とされているモノを、必要なときに、
必要な場所に必要なだけ生産し、
生産数の把握がしやすくなり、生産で発生する余剰分がなくなります。

②適正な在庫にする

適切な在庫管理ができれば、在庫不足や、販売の機会損失を防ぐことが可能です。
不良在庫についても、在庫管理をキチンと行うことでコストのムダを 抑えることができます。

③物流のコスト削減

生産のムダを回避し、在庫を適正にすることができれば、自ずと物流のコストは削減に向かいます。
例として、生産や在庫の適正ができておらず、余剰在庫が発生してしまったとします。
その余剰在庫にかかった材料費などの生産コストはもちろん、輸送や保管のコストが発生し、結果的に物流コストを高めてしまいます。
それらのコストを防止することで、
物流によるムダなコストを削減することができます。

④営業に対する支援

ロジスティクスが確立されていない企業の場合は、
営業部門が在庫の管理をシている場合があります。
しかし、それだと本来の営業部門として活動に専念できません。
ロジスティクスを確立することで、在庫管理を正しい部門が管理し、
任せることができます。
また、ロジスティクスという部門が企業の物流をトータルに管理することで、
正確性の確保、データの信頼性も生まれます。
情報社会の現代では非常に重要で、これらにより蓄積されたデータが、
営業活動にメリットとして働きます。

ロジスティクスのこれから

物流の最適化の1つであるWMS
ロジスティクスを進める上で重要なことの1つとして、
システムやテクノロジーが上げられます。
物流の最適化の1つとしての在庫管理ではWMSが挙げられますが、
それ以外での受発注のシステムや、RPAにより自動化など
様々なテクノロジーが、今後のロジスティクスには重要となっていきます。
AIによる生産などの管理、ロボットによる事務作業の自動化など、

テクノロジーの活用が一般的な現在において、
それらを取り入れていくことで、ロジスティクスは劇的に進んでいくでしょう。

まとめ

物流と混同されやすいロジスティクスですが、
キチンと違いを理解することで、物流の改善が進みます。

・物流は「もの流れ」、ロジスティクスは「物流の最適化・適正化」
・ロジスティクスを取り入れることで、様々な余剰コストを防ぐことができる
・ロジスティクスにて、テクノロジーやシステム開発は今後、もっとも重要である


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録