学べる倉庫見学会開催中!
物流倉庫業務改善ブログ

在庫管理とは?|在庫とその管理手法やメリット

物を売る企業にとって、必ず存在するものが在庫です。
それを管理する「在庫管理」は、仕入れや売上、様々なものに直結します。
ある意味で在庫管理は企業を支える土台となるものです。
この土台をないがしろにすると、企業の経営はうまくいきません。

近年、その在庫管理を行う上でバーコード管理が普及しています。
なぜなら、バーコード管理を行うことによって在庫管理が効率化されるからです。

今回はその在庫管理に対して、その重要性やメリット、バーコード管理のメリットなどご紹介させて頂きます。

物を売る企業にとて必ず存在するもの=在庫

在庫とは

在庫とは

在庫管理とはなにかを知る前に、まずは、在庫が何かを
改めて、おさらいをしておきましょう。
在庫とは、
製造業なら、
・部品、原材料の在庫
・工程途中の半製品や仕掛品の在庫
完成品の在庫

小売業なら、
・商品の在庫

しかし、単に製造前の部品や、
販売する前の製品などを指すだけではありません。
在庫とは、現金化されることを待っているもの」です。
例えば商品の仕入れを行った場合、
それは管理上は在庫として存在しますが、
同時に現金へ変わることを待っていることにもなります。

その現金へ変わることを待っているものを管理することが
「在庫管理」といえます。

在庫管理とは

在庫管理重要性

では、在庫管理について具体的にお伝えいたします。

在庫管理を英語で訳すと(Inventory control)となります。

一般的には、
必要な資材や商品を、必要な量を、必要な場所へ、必要なときに供給できるように
企業にあった水準で維持するための活動です。

また、管理ですので、PDCAを回すことも在庫管理の1つと言えます。
適切な計画を立て、その計画に基づき実施し、結果をチェックし、評価を行うことが
在庫管理の基本とも言えます。

在庫管理の重要性

調査
ではなぜ在庫管理がそこまで重要なのか。
2つの視点があります。
1つは企業内からの視点
もう1つは企業外からの視点です。

①企業内からみた在庫管理の重要性

【在庫とは】で述べましたが、在庫は、現金化されることを待っているものです。
それを管理するわけですから、
できなければ、保管料や、倉庫のスペースを圧迫するなど企業内にとって負担にしかなりません。

②企業外からみた在庫管理の重要性

在庫管理が行き届いていないと発生する問題は、
「販売の機会損失=売上の減少」です。
お客様がいざ商品を買う際に、
在庫がなければものは売れません。
逆に売れ残りを防ぐために価格を下げると、次は、利益を圧迫する恐れがあります。

企業内外からの視点で見て、繋がることばかりですが、
これらを考えれば、
在庫管理を計画を元に行うことの重要性がわかります。

在庫管理にはなぜ、バーコードが必要なのか

在庫管理にはなぜバーコードが必要なのか

在庫管理を行う上での基本とは、正確に入出庫の記録を記録することです。
紙ベースで管理する場合、Excel表や在庫台帳などに記録することが大半です。
ですが、紙ベースでの在庫管理は限界があります。

在庫管理はシステム化することが可能です。
Excelや在庫台帳への記録は、入出荷の記録です。
紙の管理と同じように、「モノの動きにあわせて入出荷の記録を入力したい!」
そんな時に必要になるのが【バーコード】なのです。

簡単に持ち運びができる、ハンディターミナルでバーコードを読み取り、
品目(商品・パーツ・製品)を指定し、数量はテンキーで入力します。
このようにバーコードを読み取ることで、オペレーターが作業後に結果を打ち込むことがなく、
その場でデータ入力が可能となります。

 

在庫管理によるメリット

在庫管理によるメリットはいくつもあります。

生産性向上

①生産性が向上する

在庫管理を徹底することで、生産性が向上します。
ムダな時間が減るので、納期短縮につながります。
納期の短縮は、非常に強い競争力になります。

在庫管理についても学べるセミナー「学べる倉庫見学会」

②余剰在庫が減る

「在庫が無いと不安」
過剰在庫の原因は、ここにあります。
ではなぜ、過剰在庫が起きるのか。
それは在庫を理解していないからです。
キチンと在庫管理をすることで、 余剰在庫は減少します。

③スペースができる

在庫管理の手法として、置き場所を決める方法があります。
これをすることで、例えばAという商品が、
いろいろなロケーションにあった場合と、
Aのロケーションを1つにまとめるのとでは、
やはり1つにまとめたほうが、倉庫内のスペースは確保できますよね。

④欠品の減少

wmsを導入することで品質は安定する
これもスペースの確保と似ていますが、
ものの置き場所を決めることで、
探しているものが、他のもので埋まることを防ぎます。
またこれは生産性の向上にも繋がります。

⑤品質の安定

在庫の劣化は仕入れの段階で始まります。
長期保管となると、倉庫という広い現場でも
ホコリがかぶるなどで、異物混入の可能性もあります。
在庫管理により、出し入れを繰り返すことで
劣化などを防ぐことができます。

⑥管理費が減る

在庫管理は、コストがかかるものです。
在庫管理をする際に、まず出てくるものが、
WMS(倉庫管理システム)です。
そのシステムの導入費用や、維持費などがありますが、
結果的に在庫管理がうまくいくと、結果的に
生産性の向上に伴う人件費の削減や
光熱費や減価償却費などの削減に繋がります。

人件費削減や光熱費などの削減ができる在庫管理システム

⑦残業代の削減

生産性の向上により、ムダな作業が発生することが減ります。

⑧今後の需要予測ができる

在庫を細かく回すことで、市場の動きに敏感になれます。
需要の予測を元に発注をすれば、計画的に生産を進めることができます。

⑨手間やミスが減る

エクセルでも、入出庫といった在庫管理残数を把握することは可能です。
ですが、在庫管理を在庫管理ノートや紙、Excelなどで行うと、ミスも起こりがちで手間もかかります。
在庫管理システムでは、充実した在庫管理機能でシステム上で
すべの在庫を管理することができ、入出庫履歴もリアルタイムで確認することができ、見やすい在庫表でミスや手間が格段と減ります。

 

在庫管理のためにすべきこと

ロケーション管理
在庫管理をいざ始めようと思って、なにから始めるべきなのか、どうすればよいのか、、
ここでは正しい在庫管理の方法についてご説明します。

①ルールを作る

在庫管理をする際にまず大事なことはルールです。
その中でも最も大事なものは、ロケーション管理です。
ものの置き場所を決めることで、
入庫や出荷の際の生産性を格段に上昇させます。

②システムの導入

倉庫管理システム導入WMS
メリットでも少しふれましたが、
WMS(倉庫管理システム)を導入することで、
 在庫管理は格段にレベルが上がります。
WMSを使用する事で、在庫管理の改善に成功した事例を少しご紹介します。
靴のインターネット販売をしているZ様は、
在庫管理システムを導入するまでは出荷作業をアナログで行っていたので誤配が発生していました。
また、在庫管理にも問題がありました。
システムを導入してからは、作業スピードが大幅にかわり1時間に40行が限界だったのが、
1時間に60行~80行ピッキングできる人が増え、作業ミスも格段に減りました。

在庫管理のレベルを格段にあげることができるwmsぼ導入事例

在庫管理システムを導入は、作業ミスを減らせる・生産性があがるなど、
会社にとってメリットになることがたくさんあります。

ですが、メリットがあればデメリットもあります。
それは費用の面です。
こちらは運用方法をキチンと考えることで、
イニシャルでの費用はかかりますが、
ランニングの費用は、ある程度抑えることができます。
もしシステムの費用が抑えることが難しくても、
システムを使うことで生産性は向上しますので、
結果的に企業的にみた「経費」はアナログで作業を行っている時よりも減少傾向にあると思います。

また、このシステムの導入は慎重に行いましょう。
担当の対応1つで、そのシステムが現場で使えるかが決まっていきます。
それぐらいWMSはサポートの面も重視する必要があります。

適正な在庫管理の考え方を知っておくのも、在庫管理をする上で重要となります。
適正な在庫管理とは、経営の最も重要な項目の一つです。
在庫管理は、在庫の場所を明確にすることから始まり、継続的に入出荷の記録をしていく仕組みをつくっていくことがとても大切です。

 

在庫管理に必要なソフト・アプリとは

在庫管理に必要なアプリ・ソフトとは

世の中には、たくさんの在庫管理システムが存在します。
在庫管理のソフトには、無料で使えるフリーソフトも存在します。
機能やできることはアプリによって異なりますが、
スマートフォンのカメラ機能で商品を撮影し、商品の登録を行えるアプリや、
片手で操作が完了できる優れたアプリもあります。
ですが、無料の在庫管理アプリには注意しなくてはいけない点もあります。
在庫管理ソフトを使用する際は、よく確認したうえで活用していきましょう。

 

クラウド型在庫管理システム のメリット

クラウド型在庫管理システムのメリット

また、最近ではクラウド型の在庫管理システムも増えており、
選択肢が広がっています。
ですが、間違えたシステムを選んでしまうとリスクも増えるといえます。
クラウド型の在庫管理システムを選ぶ上での、知識やメリットを確認しておきましょう。

①場所を気にせずどこでも利用できる

クラウド型のシステムは、インターネットに接続さえできれば、
場所を選ばずどこでも利用することが可能です。
倉庫間での運用が可能なので、繁忙期なども安心です。

②コスト削減

wifi工事やパッケージライセンスの購入が不要になるので、コストを抑えることができます。
このようなメリットがある点で、クラウド型の在庫管理システムを選ぶ人が増えてきています。

まとめ

このように、在庫管理はものを売る企業には、
とてつもなく大事なものです。
これをないがしろにすると、企業としての信頼を崩してしまう可能性もあります。
それぐらい大事な在庫管理、ぜひ一度自社で見直してみてはいかがでしょうか?

・PDCAを回すことも、在庫管理の1つである
・在庫管理でもっとも大事なことは、計画を立てること
・在庫管理のメリットで特に大きなものは、「生産性の向上」である
・在庫管理を効率よくするためにはシステムを入れることがオススメ


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録