学べる倉庫見学会開催中!
物流倉庫業務改善ブログ

人材育成とは|手法や成功のためのポイント

人材育成とは、長期的な考えから、企業にとって有益な人材を育てることです。
ただ教育をする、研修をさせるといったものではなく、
適材適所で個人が力を発揮し、企業の利益を高めるためのものです。
個人の意欲や、企業のバックアップがあり、
初めて人材育成がスタートすると考えるべきではないでしょうか。
働き方の多様化が進み、現代では人材育成は重要且つ、様々な手法が存在します。
今回は、株式会社関通での事例を加えつつ、
人材育成の手法やポイントをご紹介致します。

人材育成とは

人材育成とは

人材育成は、企業にとって有益で貢献できる人材を育てることを指します。
企業内での競争力を高めるとともに、企業を発展するために必要な人材育成は、
今や「人材戦略」として企業の経営戦略の1つとなっています。
ということは、人材を育てることは、企業を育て、成長させることに繋がります。

そんな人材育成は2点に分けて考えることができます。

人材育成とは①個人の能力や可能性を引き出す

①個人の能力や可能性を引き出す

教育や研修により、業務や仕事で必要な知識や技術、能力を
身につけるための人材育成が1つの考えとしてあります。
また、企業の価値観や考え方を共有することも、個人の人材育成の1つといえます。

②企業の業績や成長に繋げる

どれだけ個人を育てても、企業として業績につなぐことができないと、
企業としての人材育成に意味はありません。

もちろん人に教えたことで、業績に結びつけることは難しいことです。
しかし、人材育成の結果として、小さな単位から変化があります。
部署やチーム、班の行動が変わり、アイデアなどの立案などが生まれ、
新たな商品やサービスの開発となり、顧客へ提供し、
結果的に企業の業績に直結するということも、企業として人材育成を考える1つと言えます。

人材育成の手法

人材育成の手法を調べると、様々なものが出てきます。
狭義・短期的にみた場合の手法として、

①OJT(On th Job Training)

実際の業務を通して、必要な知識や能力を習得するものです。
人材育成の基本中の基本、王道といっても過言ではないでしょう。

②Off-JT

業務外の研修のことで、セミナーなどに参加をすることを指します。
企業として、能力をあげてほしいものを参加させることなどをさせます。

SDとは自らセミナーや書籍で学ぶこと

③SD

自己啓発を指します。自らセミナーや書籍で学ぶことを指します。

評価制度

広義・長期的にみた場合の手法としては、

①評価制度

個人の能力の見える化やキャリアアップを指します。
上司や企業から、何をできるようになるのかなどを
コミュニケーションを繰り返し行い、育成を行います。

②目標管理

企業の目標と個人の目標をすり合わせ、
目標に対して、できているのか、できていないのかを
チェックし、アセスメントを行う

③ジョブローテーション

部署やチームからの異動とも捉えれますが、
ここでは、人材育成的に考えた配置転換と考えるべきでしょう。
つまり、企業の期待を込めた異動ということになります。
例えば、1つの部署で非常に優秀だったAさんに対して、
企業として、「新しく能力・スキルを身に着けてほしい。」
「今いる部署のように、違う部署を盛り上げてほしい。」
という考えで別の部署へ異動してもらう。
といったようになります。

人が育つことによるメリット

 

人材育成を進めることで、大きく分けて2つ、
企業にとってのメリットがあります。

①経営視点でのメリット

企業の経営者という視点で考えるのであれば、
やはり数字(=金額)的なメリットが多いといえます。
商品やサービスの質の向上や、それによりお客様からの信頼度も向上します。
そこから企業価値が高まったり、
自社にあった育成方法を確立でき、
ムダな研修に費用がかかることにも繋がります。

人が育つことによるメリット

②業務内でのメリット

業務、いわゆる実際の現場でも、やはり人材育成からくるメリットはあります。
業務内での改善が進み、人が働きやすい環境を作ることができます。
また、業務内でのムダが取り除かれていき、
結果、生産性が向上するなど、現場単位で見た時にも
様々なメリットが生まれます。

まとめ

人材育成は、調べるとたくさんの方法があります。
弊社でも様々な人材育成の手法を行っております。
その中でも、やはり1番効果的なものは、チェックリストです。
業務のチェックリスト(=マニュアル)ができれば、
それを見るだけで仕事ができるようになります。
そんなチェックリストシステム「アニー」をご存知でない方、
ぜひ1度アニーを体験してみませんか?

>>チェックリストシステム「アニー」を知りたい方体験したい方はこちら!


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録