あなたの職場で起きているヒューマンエラーはこれでなくなる!?劇的にミスをなくす ノウハウをご紹介。

あなたの職場では、同じミスを繰り返して
いる、といったお困りはありませんか?

「何回言ってもなおらない。」
「こんな簡単なことを、どうして間違えるの?」

注意・指導しても、ミスがなくならないこと、
ありますよね?

「機械じゃなく、人間なんだから仕方ないか」

と、管理者の方も諦めていませんか。

本日は、繰り返し起こるヒューマンエラーを
劇的に減らすノウハウをご紹介します。

結論を言ってしまうと、

それは、

「指差し・声出し確認」です。

え、そんなこと?
と思われるかもしれませんね。

指差呼称(しさこしょう)という言葉はご存知でしょうか?

駅のホームで見かけたことがあると思います。

「点灯よし!」
「停止位置よし!」

車掌・駅員さんが指差し・声出し確認をしてますよね。
駅のホームだけでなく、電車内でも見ることができます。

運転席の後ろはガラス越しになっているので、
運転しているところを覗いてみると、、、

運転士さんが、パネル、時刻表、計器に向かって、
1つ1つ丁寧に指差し確認をしています。

日本の鉄道は、世界でも最高レベルに評価が高いです。
事故もなく、ほぼ時間通りに運行され、
その正確さと信頼は絶大です。

その絶大な正確さと信頼を築いているのが、
この指差呼称による確認作業なのです。

すこし寄り道です。
フェーズ理論というものがあります。

人間の意識に関する考え方で、意識レベルを
5段階のフェーズに分けた考え方だそうです。

5段階とは、
フェーズ0=無意識状態・失神状態
フェーズⅠ=意識ボケ状態・注意、判断がうまく働かない状態
フェーズⅡ=正常の状態でリラックスしている
フェーズⅢ=正常の状態で且つ積極的に脳が好調に動いている状態
フェーズⅣ=緊張・興奮状態、慌てたり、起こって血が上ること

フェーズⅠは集中力を切らした状態で、
ヒューマンエラーが発生しがちな状態と言えます。

集中力は、もって50分と言われているので、
集中した状態を維持すること自体、
そもそも難しいわけですが、、、

フェーズⅢは、さきほどの運転士さんのような、
指差し、声出し確認をすることで集中力が高まった状態と言えます。

ここでは、このフェーズ理論について詳しく説明はしませんが、
お伝えしたいことは、「フェーズⅠ」と「フェーズⅢ」では
ミスする可能性は、10万倍も違ってくるということです。

つまり、このフェーズⅢの状態で仕事ができれば、
極めてミスが少なくできるということです。

一度現場で試してみる価値があるのではないでしょうか。

株式会社関通では、どんな仕事でも
チェックリストシステム「アニー」という
仕組みを使って仕事をしています。

アニーとは、仕事の手順をマニュアル・チェックリスト化したものです。

そして、この「アニー」はフェーズⅢで仕事ができる
環境にしてくれます。

画像

これは株式会社関通の受注管理部の風景です。

パソコンのモニターに、アニーを表示させて、
運転士さんのように、作業の1クリック、1クリックを
チェックして進めていきます。

こうすることで正常な状態で、且つ積極的に仕事の手順を
追うことができるわけです。

株式会社関通の受注管理部は、このアニーを使って、
毎月30件あったミスが、0〜2件にまで減ったという
事例もあります。

全ての拠点、部署でアニーを使った
改善事例がございますので、ご興味頂けましたら、
お問い合わせください。

学べる倉庫見学会では、チェックリストアニーの
体験をしていただけますので、
ぜひ一度、株式会社関通にお越し下さい。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録